■高等部の概要

■高等部の教育

  • 重点目標
    1. 自立的な生活を営むために必要な実践的な知識・技能・態度を育てる。
    2. 積極的な社会参加をすすめるための勤労意欲・適応力の向上を図り、社会生活に必要な資質を育てる。
    3. 人間関係の形成を図るとともに,規範意識を高めることで,社会の一員としての自覚と実践力を養う。
    4. 円滑な社会生活を送るための余暇利用について関心を持ち、その利用の仕方を身に付けることができるようにする。
  • 特色
    1. 農業、布工、紙工、木工、リサイクルなどの作業学習を教育課程の中心に置くとともに、生活に即した体験学習を重点的に行うなかで、卒業後の社会自立に向けた教科指導を展開する。
    2. 基礎的な学力を保障するための教科別の指導と生徒個々の課題に即した「課題別学習」により、一人一人に即した指導を行う。
    3. 各学期、企業や福祉施設で「実習(現場等)」を行う。校内実習から集団実習、個別実習へと段階的に実施し、個々の生徒について卒業後の生活を展望した指導を行う。

 


■高等部の時間割(週時程表)

<平成31年度 週時程>

※基礎学習は国語・数学・家庭科を中心とした学習を行う。
※芸術は、音楽・美術等を行う。